Here Comes The Sun


barista→baristacaster   ☆転職します☆
by john-leno
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
About Me...
Name
 じょんれの(♂)
Birthday
1984/05/07
Job
Broadcaster
Adress
  Sinagawa区
Hobby
・sport: volleyball
・music: Rock



◇Mail◇
yacchu@rj9.so-net.ne.jp


◇Link◇
Anytime Anywhere
asako's page
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
・・・らしくする
from Anything Story
最後の試合
from Anything Story
冷静と情熱のあいだ
from Herr Kinder Ⅱ
あいのりなぎさが帰国を暴..
from あいのりなぎさが帰国を暴露!
ボジョレー'06
from Herr Kinder
コーヒーハウス スターバ..
from コーヒーハウス
価値
from 経済学事典
リアルに凹んだ
from Herr Kinder
リアルに凹んだ
from Herr Kinder
dupont lamin..
from dupont laminat..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:お勧めv( 61 )


課題曲①

決定!
聞いてみて


癒し系。
そしてどこか悲しげ。

クラシック最高。。
[PR]

by john-leno | 2007-11-01 22:45 | お勧めv

いざゆかん!!

記者として。

複数でとか、島田さん(お昼の女性アナウンサー)と二人とかでは
取材行ったけど、今回は一人。

どういう構成で、
何を撮って、
何を話して、
何をリポートするか。

そして帰ってから全てを編集。

全部、一人。

ネタはルービックキューブ。
えぇ~~。。。

それじゃ俺活きませんって!

それでも何かしら新しい風を送り込めるように頑張ってきます。
暇な人は夕刊で会いましょうv
[PR]

by john-leno | 2007-07-27 23:32 | お勧めv

たまには映画でも (6)

『武士の一分』

見ましたが…。。

期待してたぶんだけちょっとね。

見てるときに会社から電話かかってきて、
同じ大学の卒業生が容疑者だから調べてって言われて、
一時中断したのを考慮しても、
70点。。


人のきれいなとこ。
人の汚いとこ。

確かに映ってたかもしれないけど、
ちょっと浅いような。

『壬生義士伝』だったかな、
中井紀一のやつの方が、武士っぽい一面がうまく表現できてた気がする。

まぁ。
人それぞれでしょうけど。

そういや、同期アナが続々とデビューを飾ってる。
人気出るのかな。。
[PR]

by john-leno | 2007-07-07 21:56 | お勧めv

たまには映画でも(5)

e0041708_23114759.jpg
『死ぬまでにしたい10のこと」


生の美しさと死の酷さを感じた。


自分が死んだとき、
何人もの人がその死を悼んでくれるのかもしれない。
自分の埋めていたスペースを、
感じてくれるのかもしれない。

でも、その人たちだっていつか死ぬんだよね。

そのときに、自分の生きた証はどうなるんだろう。

忘却と死という必然の中で、
この世に何を残すんだろう。


彼女は、自分の証を残さない道を選んだ。

自分のいない自分の人生を共に歩む人たちが幸せになるように、
自分のスペースを消し、埋める存在を探した。

全ては愛する人たちのため。

誇示や生きる理由を求める時代の中で、
無になる道を選んだ。

my life without me.

すっごく面白い映画じゃない。
けど、心の奥底の何かを温めてくれる。
感傷的になる。

俺ならどうすんのかな。
[PR]

by john-leno | 2007-06-24 23:11 | お勧めv

たまには映画でも(4)

昨日に続いてパイレーツ!!

のつもりが・・・。

300。

観てきましたv

感想としましては…
①広告どおり
②予想通り
③期待通り

で、
好きか嫌いかといえば、好き。

ばったばったと人が死んでいく。

生と死とかを考えさせる映画ではないのかもしれんけど、
見終わった後になんともいえぬこの感じ。

いつも生きている次元とはちがう世界。
何のために生きるのかとか、
(いくら映画とはいえ)自分の人生がちっぽけに思えたり。
今の自分の悩みなんて大したことないとか。

感傷に浸るエンドロール。

すぐに現実に引き戻されるけど、
どっかまだ浮遊感が残ってて。


何かまとまらないけど、
久々にある意味シリアスな映画を映画館で観て、
その事実に影響受けたのかな。

明日からまた仕事が始まる。

別に仕事が嫌なわけじゃないけど、
それ以上に世界が見たくなってきた。

朝になればまた変わってるんやろか。

バチカンが懐かしいね。
[PR]

by john-leno | 2007-06-18 22:19 | お勧めv

たまには映画でも (3)

e0041708_0581621.jpg
じゃぁっく・すぱぁろぉう。。

『デッドマンズ・チェスト』
観てみました。

チョイ前にどっかのテレビで一作目やってたよね。
続けてDVDで二作目。

感想としましては…、

①1話目の方がわかり易い
②1話目の方が引き込まれた気が
③1話目の方がすっきり
④1作目の方がキャラが立ってた

と、いう感じだけど、
2作目と3作目は併せて一本の話だから、
明日にでも3本目を見て来ようかと。


明日で③連休目。
有意義に過ごします!!
[PR]

by john-leno | 2007-06-17 23:59 | お勧めv

助手に任命する。

e0041708_11552832.jpg
まだ全部聴いてないけど、いいね。

強くて、
脆くて、
優しくて、
温かくて。

どこか懐かしい。

そしてとってもハートフル。

どらっぐ臭もしないこともないけど、
それがまた超越的な力を彼に与えてるように思う。

レノン大先生もすんごいぶっ飛んでる音遣いしてたけど、
チャールズ助手もなかなかやりおります。

the definitive Ray Charlesは2枚組みで、
一枚はカバー集。

その中には、
Yesterdyや、Eleanor Rigby、
そしてImagineが収録されてる。

賛否両論あるやろけど、
YesterdayとEleanor Rigby選ぶってとこは納得。

別れとか死とかね。

アホツタヤにも置いてあったチャールズ助手。
ちょっと聴きこんでみようかな。
[PR]

by john-leno | 2007-06-10 11:55 | お勧めv

たまには映画でも(2)

e0041708_001923.jpg

第二回は『Ray』
レイ=チャールズの物語。

ソウルとカントリーを融合させ、
音楽の可能性を広げた人。

7歳で視力を失い、
黒人差別が激しい時代に、
たった一人で生きていく姿。

音楽に生きる男。

人間の脆さ。
でも、そこからは愚かさだけじゃなくて、
愛おしさも感じられた気がする。

暗闇の恐怖。
逃げられない現実。
裏切りを受ける日々。

さまざまなビハインドを乗り越えて、
強く、弱く生き抜く男のbiography。

素直に、Rayの音楽を聴こうと思った。
特に心に残ってるのは「Jack」って曲。

とってもセクシーでかつ情熱的。

まぁ、聴けばわかるよ。


問題は最寄のアホツタヤに置いてあるかですな。。
[PR]

by john-leno | 2007-06-03 00:00 | お勧めv

たまには映画でも。(1)

e0041708_05351.jpg

第一回は 『戦場のピアニスト』

ずっと前からするしゃが薦めてたのを思い出してね。

忙しいということを言い訳にせずに、
どんどん自分の幅を広げていこうと思います。

その自己啓発の一環として、定期的に映画を観ようと決めました。

ジャンルは問わず、ミーハーなものから名作まで。
時代も問いません。

明らか駄作な時はご勘弁くださいw

率直な感想を言うと、
いい映画。
でも、もう一回観たいかって言うとそうでもない。

それくらい扱っているテーマが重いものだったし、
考えさせられる映画だった。

それでも、一度は観たほうがいいと思った。
むしろ観なきゃいけないと思った。

戦争の酷さ、人間の愚かさ、生きることへの執着、エゴ、
そして人種を超えた旋律。

途中までは『Passion』を観てるときと同じように、
救いのないストーリーやったけど、
個人的には最後はあれでよかったなと。

ドイツの方々はこれを観てやはり心苦しいのかな。

絶対に目を背けてはいけない歴史。
だけど、これが100%事実なんだって思い込むのも危うい気がする。

歴史は憎しみあうためにあるんじゃなくて、
愛しあうために、
未来に生かすためにある。


この映画もきっと、人のエゴを描くことで、
反面教師的なメッセージを伝えたかったんやないかな。

お時間があれば観てくださいね。
[PR]

by john-leno | 2007-05-30 23:59 | お勧めv

テニス始めました。

生まれて初めてテニスというものをやりました。
前からやってみたかったんだけど、
なかなか機会がなかったからね。

今回は写真も載せちゃいます!

はい!
[PR]

by john-leno | 2007-05-27 21:55 | お勧めv