Here Comes The Sun


barista→baristacaster   ☆転職します☆
by john-leno
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
About Me...
Name
 じょんれの(♂)
Birthday
1984/05/07
Job
Broadcaster
Adress
  Sinagawa区
Hobby
・sport: volleyball
・music: Rock



◇Mail◇
yacchu@rj9.so-net.ne.jp


◇Link◇
Anytime Anywhere
asako's page
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
・・・らしくする
from Anything Story
最後の試合
from Anything Story
冷静と情熱のあいだ
from Herr Kinder Ⅱ
あいのりなぎさが帰国を暴..
from あいのりなぎさが帰国を暴露!
ボジョレー'06
from Herr Kinder
コーヒーハウス スターバ..
from コーヒーハウス
価値
from 経済学事典
リアルに凹んだ
from Herr Kinder
リアルに凹んだ
from Herr Kinder
dupont lamin..
from dupont laminat..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


期日・距離・罪悪感

連泊したところで話が終わってしまってました。

すっごい時間が過ぎてしまいましたが、
またもや事後報告させていただきます。

というか、残したいくらい濃い毎日だった。

あれ以来、やっぱり距離はぐっと近くなった気がする。
毎日メールしたし、
気が付けば毎日電話するようになった。
どっちからということもなく。

うそ。
いつもきっかけは俺だった。

でも、それを待ってるような声でいつも俺の電話を迎えてくれた。

あの日以降、俺は実は2度ほど泊まりに行った。
もちろん、話をするため。

その2回目だった。

ガーベラに聞いてみた。
どうすんの?って。

彼女の中で、どっちが好きか。
彼女なりに悩んでいるらしい。
でも悩んでいるうちに、どっちが自分にとって都合がいいかって考えてしまう自分が嫌で、
いつも途中でやめてしまう。

でも、やっぱり彼氏のJくんとは…。

このままずるずるいってもしょうがないよ。
俺はこうやって家にいるけど、
いつまでもJくんに黙ってるのも嫌だろ?

たとえ俺を振る結果になっても、
俺はガーベラ嫌いにならないし、
スタバでも全然気まずくはならない。
そんな浅い関係じゃない。
俺たちも。
スタバも。

だから、本当に好きなほうを選んでくれたらいい。
俺はお前が好き。

今まで俺は自分の気持ちに正直に生きてきた。
その結果いろんな人を傷つけてきたかもしれない。
自分自身も、傷ついてきた。
特に去年は。。

でも、自分に正直に生きてきたから、
今の自分があるし、
今の自分に自信が持てる。

誰かが可哀相だから、
周りのことが気になるから、
いろいろ気になることあるかもしれんけど、
最終的には自分の気持ちに真っ直ぐに、
選んでくれたらそれでいい。

俺はそれを受け入れるよ。

ウソの気持ちでこっちに来てもらっても、
俺は絶対に受け入れられないから。


うん。。。


じゃあさ、決めよっか。
いつまでに決断するか。

。。。


んじゃ、バレンタイン!
2月14日に答え聞かせて。

わかった。
バレンタインかぁ。。。

彼女は空っぽの一番搾りを握り締めながら、
物憂げに、でも、まっすぐに俺に視線を向けた。

な!
決まり決まり!!

そうやって決めた午前3時。

俺はいつものリビングに、
彼女のジャージを着てごろんとなる。

そして一週間前。
結構忙しくて、休みも会えず。
泊りにもいけず。。

電話で話した。

明日は会社の新年会。
でも、明後日午後3時出勤だから、時間あるよ。

でもなぁ。。
一回家帰って、私服着替えて、泊まりの準備をして、ってのはなぁ。。

俺んちくれば早くね?

。。
確かに。。

お。
意外な反応。
今まではずっとそれだけは嫌だって言ってたのに。


まぁ。明日決めよう。
どっちがどっちに行くか。

新年会が終わって電話したのは午後11時。
まだ何の準備もしてないよ~。。

おい。。

やっぱり俺が行こうか?w

どっちでもいいよ。

んじゃ、来て!!

うん。。

ムサコと大井町は意外と近い。
お台場から一回家に帰るとすぐに彼女からもうすぐ着くよってメールが来る。

ほい。
右腕を差し出すと、そっと左腕を絡めてくれた。
この日の前に会ったときに冗談ぽくじゃんけんで負けたら腕組もうってやってて、
このときは何もなしに腕を組んでくれた。

コート越しに伝わる彼女のぬくもりが優しい。

一緒にラーメン食べて、
家帰った。

当たり前だけど、
家にはベッドは一つしかない。
今日はここで寝るしかない。
二人で。

お互い家着に着替えて話す。
いつもの如く他愛のない話で時が過ぎる。

行ってもいいけど、何もしないって誓える?
家に来る前に話した電話。

何かする男だったらもう4回くらいしてますって。

彼女はきっと俺のこと本当に信用してくれてたんだ。

気が付けばもう午前3時。
さすがに寝ますか。

布団に入ると早速彼女は爆睡体勢に入る。
おい。。
もうちょっと話そうよ。。

う~ん。
12時間睡眠の13時起床の女とは思えない行動。
昼寝もしたくせに。。。

そっと触れた手がすっごく冷たかった。
うわ。
指冷たいな。。

まったん冷え性なの。。
ほら。

そうやって両手で俺の右手を握る。
そっとその手に左手を添える。

新陳代謝のいい俺の手はとってもあったかい。
俺は熱を冷ますために、
彼女は冷えた手を温めるために、
そういう名目で握り合った。

気が付いたら耳元で聞こえる寝息。

なんだろう、この安心感。
不思議だ。。

俺もすぐに寝ようと思った。。
けど、寝るのがもったいないくらい心地よかった。


がさがさ。

がさごそ。

う~~ん。。
2時間おきに起きた。

彼女は寝相が悪いことが大判明。。
こいつ。。
俺から布団を奪いやがる。。

そのくせ、奪った布団がちゃんとかかってないw

彼女が動くたびにずれた布団を元に戻してやった。
別に寝なくてもいいや。
このまま朝が来ても、きっと俺は後悔しない。
そう思った。

と思ったらすぐに朝が来る。

10時過ぎ。
俺は11時まで寝る。
そういってたのにがぶぁっと起きる彼女。

おい。。

寝るのに飽きちゃった。
ゲームするね♪

好きにしてくれ。
俺の眠りは何ぴとたりとも邪魔させん。。

5分後彼女がもう一度横になる。
なりながらゲームする。
携帯のね。

暖房をつけない俺の部屋は相当に寒かったらしい。
そっと触れた手はすっごい冷たくなってた。

ゲームをやめるとまた布団に潜る彼女。

自由だね。。
ほんとに。w

あまりにも可愛くて。

そっと頭をなでた。

気持ちを抑えられずに。

布団をかけるふりをして、そっと肩に手を伸ばした。

いとおしくて。

そのまま彼女を抱きしめた。

受け入れてくれた。

そのまま。
ゆっくりと時は過ぎた。

あったかい。
こんなにも。

何もいらない。
シアワセ。

着実に。
そして確実に、二人の距離は近くなってる。
きっと彼女は俺の元へ来る。

俺は信じて待とう。
彼女が決断してくれる日を。。

そう思ってた2日後。
夜中に彼女からメールが来た。


いつもなら俺がするメール。
「もう家着いた?」

珍しいな~って思いながらも、ちょっぴり嬉しい。

帰り道すぐに電話した。

。。
。。。

電話がかかって3秒。
俺はすぐに異変に気付いた。

彼女の吐息は震えてた。
電話の向こうで、彼女は泣いていたんだ。。
[PR]

by john-leno | 2008-01-30 02:01 | Real Love

何もなかったわけじゃないんだ

久々に更新します。
えぇ~と、どっから話せばいいだろう。

とりあえず、ウィキッドの日からだね。

昼過ぎに待ち合わせて、まずはラクーアに行った。
俺は初ラクーアやったけど、彼女はきたことあったらしくてね。

結構狭い部屋あったり、
カップルが多かったり、
一人分のところで、二人で寝たり。

俺たちは付き合ってるんか?
って錯覚するくらい、やっぱり近い。

その後一度別れて風呂入って、出口で待ち合わせ。

場所を移動してシオドメでご飯。
ってか一杯w

ぶふぁわぁぁぁ。。。。

飲みたいのみたいドリンクを我慢して飲んだビールのうまいこと。。。
二人で爆笑。
美味すぎで爆笑。

やっぱり、笑顔が可愛い。


ほんとに美味い串焼きで、
うまいビール。
でも、やっぱり、ガーベラと一緒に食べてるから美味く感じるんだろうな。

一緒にウィキッド。
一緒に圧倒されて、
一緒に飯食うことになった。

とりあえず恵比寿に来たものの、やっぱり、この前に行ったモツ鍋食べることにした。
可愛い後輩ホーリーを召集。

3人でご飯。

そして気が付けば日付は変わり。。
分針は30分を回り。

終電は終わり。。。。


すまん。。
今日も泊めてw

ってことでムサコで下車。
一緒にスーパーよって買い物。

あまりにも自然に。
すんなりと。
帰ってきた。
この場所に。

今日も泊まるんか。

例の如く話しこむ。
でも、今日は彼女もほぼシラフ。
何の話したか覚えてないけど、濃い話した気がする。

一緒に起床。
あ、もちろん別々に寝たよw

新婚ってこんな感じなのかね、とか、
俺は言ってた。

照れ笑いともとれる表情。

二人で一緒に12時に家を出る。

とりあえず、部室においてあったシューズが捨てられたためおニューを買いに行って、
するしゃに電話したらカラオケのお誘い。
18時まで熱唱。

彼女は今日はクローズ。

俺は、昨日マフラーを忘れていった。
例のモツ鍋屋さんに。

熱唱の後、それをとりにG大に。
そして「あったよ」って彼女の元へ。
ついでに一杯飲んで行こうと思ったら席が空いてない。

帰ろう。

とそのとき、ミポ・ミマチャン登場。(←新キャラ)
ミポは俺と10歳差&バイトの先輩。
ミマチャンは6つ上&俺が辞めたときに入った。

どっちもすっごいいいキャラなんだけど、それはまた今度。。

とりあえず一緒に歩いてかえることにした。
N目黒まで歩く。
途中で、彼女の話をする。

彼女は二人に俺が泊まったことを話してたらしく、
どんなことを言われるのかと思ったけど、
意外な反応。

応援してる。

結局N目黒まで歩いても話は終わらず、
ミポだけ一緒にG大まで戻る。

彼女はレアな子だと思うよ。

それでも話は尽きず、駅前で話す。

れのは、好きなんでしょ?

駅前にはガーベラの花が売ってた。
結局モツ鍋屋に二人で行くことにした。


今の自分の気持ち。

彼女のことは好きだ。
間違いなく、指輪ちゃん以来の恋やと思う。

だけど、指輪ちゃんとは全然違う。
おれ自身の気持ちも指輪ちゃんのときとは全然違う。

スタートが近い。
パートナーだから。
家族みたいなスタートだから。

付き合う、付き合わない以前に仲が良すぎる。

でも、それが命取りになるよ。
このまま、この状況に甘んじて、手を出せなくなる。
動くなら今しかないよ。
私だったら、今日勝負かけるよ。

ミポ。。。。。
確かに、明日には彼女のおばちゃんが福島から帰ってくるって知ってた。

でも、そんなに焦んなくてもいいんじゃないか?
俺自身も、今すぐ付き合わなくてもいいと思ってるし、
待とうと思えば待てる。

何より、ちゃんと話してまだ2週間。

彼氏とは2年。

俺のことをもっと知ってから、俺は告白するべきじゃないのか?

どんなに付き合っても相手のことなんて全部わからないし、
仮にたとえ時間かけても、かけなくても、
女の子の中では結論は出てるんだと思うよ。

ミポ。。。。。。

私なら、きょうムサコに行くね。。

ミ、ミポ!?

彼氏もちに告白。
無意識にも、全回の失敗?がこたえていたのかもしれない。

もっと時間をかけて告白してたら。。
もう少し待っていたら。
俺のことをもっと知ってからだったら。

心のどこかで思ってたのかもね。


そんな話をしてるともうクローズの時間。

俺は決心した。
今までは冗談っぽくしか好きだった言ってなかった。
きっと俺が本気だって思ってない。

だから、今日伝えよう。
今の気持ちを。
ありのまま。

好きだって気持ち。
でも、今すぐじゃなくてもいいよって気持ち。
待てるよって。

ミポとモツ鍋屋いるよ。
とメール。

彼女の返事は早い。

ユーカちゃん連れて今から行きます!!!

ユーか。。。。
連れてくんの??


それでは本末転倒。

んじゃ、みんなで飲んだ後に二人で話がしたい。
今日中にちゃんと話したいことあるんだ。


それだけ書いてメール送った。

彼女から返事は来ず、二人がつく。
そして普通に飲むだけ飲む。。

ユーかも同じ方向に乗る。
しかもムサコより向こうまで乗る。。

どうしよ。。

と思ってるうちに駅に着く。

俺は途中で降りる。
本来乗り換えするべき駅で降りる。

今日は終電で帰るか。
電話でゆっくり話しよう。

そう思って降りたホーム。
反対側で終電が行く。

あ、、、、、
あっちだ。

気がついたときにはすでに遅し。

ムサコへ行こう。。。。

彼女の家に行くか別として、とりあえずバンガローとかあるし。
とか思いながらも結局彼女の家に足は進む。

気が付けばもう1時過ぎ。
彼女から返事は来ない。

俺は決める。
彼女から返事がきたら、彼女をロビーによんで話しよう。
もしも来なかったらこのままバンガロー行って寝よう。

彼女の家で待つこと20分。
結局メールは来ない。

うん。しょうがないね。
横断歩道を渡って帰ろうとしたそのとき。

すでに2日充電してなかった俺の携帯がなる。
結局終電間に合ったんですか?
もう家つきました?

絵文字一つないメール。
全然女の子らしくない。。

でも、この日一番テンションがあがるメールだった。

すぐに電話する。

いまどこでしょう?
ムサコだよ。

絶対うそ。
信じない。。w


部屋番号を教えて。

○○。。

ピンポーン。。

あ、、、鳴った。


どうしても話がしたいことあるって言ったろ。
本気だよ。
俺は。


彼女がテクテク歩いてきた。

この前と同じ場所。

想いを想いのまま、まっすぐに。
彼女の瞳を真っ直ぐに見つめて。

驚きが60%、
喜びが30%、
そして困惑が10%。

ってとこかな。


俺は結婚したいなって思える人としか付き合いたいって思わないよ。
まだ会って、話して、これしか時間は経ってなくて、
おれ自身だってどうしてここまでガーベラのこと好きなのかわかってない。
けど、本気なんだ。
いろいろ話した。
そして指輪ちゃんの話もした。


俺の話に耳を傾けてくれた彼女。
眼鏡の向こうには潤んだ瞳があった。


そして彼女の口が開く。

私ね。
この前J君(彼氏)に話したんだ。

れのさんはもしかすると私のこと好きかもしれないよw
って。

結婚とかそういう話のするの。
って冗談ぽく話したの。

そしたら、J君は、
俺はガーベラと結婚する気はないな。
って。

私、そのとき泣いちゃって。。。。。

そう話す彼女の瞳からはついに涙が溢れ出す。

愛おしい。。

一途な子。

そんな時。。。
俺の携帯が悲鳴を上げる。。

やばい、充電が。。
昨日帰ってないし。。

結局それが大義名分になって、
今日も部屋にお邪魔した。

まさかの2連泊。

でも、明日はおばちゃんが帰ってくる。。
どうする?


今日は朝帰るね。
始発で帰るよ。
俺も午後から仕事やし。


ほんとに?
でも寒いときに外出すの可哀相だよ。。
たぶん午後まで帰ってこないから大丈夫だと思うけど。。

帰って来たらどうすんだよw
俺は別にいいけど~w

精神衛生上眠れないだろ?
俺は朝帰るから、寝てていいよ。

そう話したときにはもう3時半くらい。

このまま寝たら俺は終わるから、起きてるよ。

と言うと彼女も寝ない。
頑固だからね。
でも、それを期待してた俺もいる。。

リビングの椅子に座る彼女。
彼女は椅子の上に三角座りして目を瞑ってる。
俺もそっと隣に座る。。
そして俺のために出してくれたタオルケットをそっとかけてやる。

早く部屋で寝たほうがいいって。

うん。。。

れのさん、寒くないの?

いや、すっごい寒いw

とか言いながらかけてやったタオルケットを奪う。
そして半分こした。

椅子を並べて、
肩寄せ合った。

左肩から伝わる彼女の温もりが心地よくて。
離れたくなかった。

(れのさんとこうしてて、)
どうして平気なんだろう?
私たち、前世家族なのかな??
ってか、親違いとかで血、つながってるのかなww


そんなことを彼女が言う。


何でだろうな。
でも、俺はすっごく安心してる。
安らぐよ。
思ったまんま話した。


彼女はそっとカーペットへ。
俺もその傍へ行き、またタオルケットをかけてやる。

今度は奪わないで、傍にいるだけ。

とりとめのない話をおぼろげながら話す。

そして時間が来る。
んじゃ、行くね。

え、ほんとに行くの?

だから、おばちゃんが始発で来たらどうすんだよw
可能性はあるだろ?

うん。。。

じゃあな。

玄関まで迎えに来てくれた彼女。

外は夢から醒めるには充分なくらい寒かった。
けど、俺は目に見えない温もりに浸りながら、家路についた。

やっぱり、動いてよかったんかな。
[PR]

by john-leno | 2008-01-17 00:52 | Real Love

遅れましたが。。

あけましておめでとうございます。

更新する気がなかったわけではないんやけど、
更新するほどのことがなかったっていう。

仕事。
相変わらずですね。
ただ、休みがちょっとだけ増えた。

私生活。
ガーベラとは毎日メールしてる。
昨日は1時間電話もした。

けど、やっぱり彼氏の方が好きなような雰囲気はするかな。。

明日は一緒にウィキッド観て来ます。

好き好きメーターは正直、
一時期ほど盛り上がってはいない気もするけど、
ありのままを見せてくれる彼女には特別な気持ちを感じる。

焦らずだね。
[PR]

by john-leno | 2008-01-08 23:56 | others