Here Comes The Sun


barista→baristacaster   ☆転職します☆
by john-leno
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
About Me...
Name
 じょんれの(♂)
Birthday
1984/05/07
Job
Broadcaster
Adress
  Sinagawa区
Hobby
・sport: volleyball
・music: Rock



◇Mail◇
yacchu@rj9.so-net.ne.jp


◇Link◇
Anytime Anywhere
asako's page
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
・・・らしくする
from Anything Story
最後の試合
from Anything Story
冷静と情熱のあいだ
from Herr Kinder Ⅱ
あいのりなぎさが帰国を暴..
from あいのりなぎさが帰国を暴露!
ボジョレー'06
from Herr Kinder
コーヒーハウス スターバ..
from コーヒーハウス
価値
from 経済学事典
リアルに凹んだ
from Herr Kinder
リアルに凹んだ
from Herr Kinder
dupont lamin..
from dupont laminat..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


嫌退気

けんたいき。。

倦怠期っていうか、嫌退気。

新鮮さがないとか、
一時期ほど盛り上がらないとか、
そんなんじゃない。

相手が気を許してくれていること。
それはうれしい。
けど、ときどき許しすぎることが嫌だと感じるときがある。
そして、それを嫌だと感じる自分がもっと嫌になる。

相手の優しさや思いやりを素直に受け入れられないとき。
理由なんてない。
自分の気持ちをコントロールできなくて退けてしまう。

彼女は何にも悪くない。

いつもありがとう。
でも、ごめんね。
[PR]

by john-leno | 2008-05-26 19:00 | thinking

Happy Birthday

24になりました。

その瞬間はやはり報道センターにいました。
その12時間後、彼女と一緒にいました。

彼女の買い物に付き合い、
一緒に歩いて、
疲れてベンチで休んで。

彼女と会うのは丁度1週間ぶりで。
いろんな気持ちが自然と溢れてきた。

会いたい。
嬉しい。
いとおしい。

待ち合わせをした自由が丘では胸がキュンとした。

何だかんだ付き合い始めてもう3ヶ月近く。

実は3度ほど泣かせています。

ガーベラは俺のことほんとに好きなの?
不意に聞いてみた。

俺は誰よりも彼女が好き。
性格上、それをストレートに表現する。

でも、やっぱりそれは普通じゃなくて、彼女はそんな簡単に口にしないし。

彼女には元彼がいて、
その彼と電話したって話を聞くだけで、
どこか不安になる自分がいて、
その不安ってのは好きな気持ちからくるもんだって知ってる。

もしかしたらやっぱり彼のとこに戻っちゃうのかなって考えたとき、
ものすごく心苦しくなる自分がいる。
それはきっと愛情に起因するだと思う。

でも、俺にはよりを戻すような存在はいないし、
自分で言うのもなんだけど、絶対に浮気しない。
って彼女もかなり安心してる。

もし、不安になるときに愛を確認するんだったら、
彼女にはその瞬間は訪れないのかもしれない。

だから、率直に聞いてみた。

う~ん。
って感じ。

好きじゃないの?

好きとかっていうんじゃなくて、
普通になっちゃったって感じ。

ふ~ん。

今の仕事は不規則な仕事。
そして来年はもっと不規則になる。

午前1時に夜回り。
朝の5時に朝回り。
そのあとはずっと発生を追い続ける。

家にいるのはたった3時間。

休みなんてほとんどない。
東京23区から出ることはできない。

そんなところに行くかもしれない。


そうなっちゃったら。。
耐えられるのかな?

そんな話をまたしても不意に振ってみた。

好きとかそういう問題じゃないよ。

どんなに好きでも、
私は耐えられないかも知れない。。

うん。。
確かに、俺が逆の立場でもそれは嫌だしな。。
好きだから耐えられるとかそういうんじゃないのかもしれないな。
…。

流れる重い空気。

…。

あのさ。
一つだけ覚えておいてほしい。

もし。。
だよ?

もし、俺がその部署に異動になって、
やっぱり予想以上に会えなくなって。
どうしても、どうしても、それが辛くなったそのときは。。


俺は鳥かごの扉を開くよ。。

うん。。
そして、絶対放したくないとかそん時の俺は言うかもしれないけど、
そんときは今日のことを言ってやって。

君が元彼から俺を選んでくれたように、
俺からもっと素敵な人を選ぶのも自由だと思う。。

胸に込み上げる何かをぐっとこらえて、最後まで話した。


う、ん。。。

またしてもやってしまった。。

と思いながらも、どこかその涙が嬉しい気もした。
彼女の真剣な気持ちがあったかくて。


でもきっとれのさんは放したくないとかわがまま言わないよ。
何も言わず扉開けてくれるよ。
優しすぎるから。。。。

でも、この前と同じ想いは絶対にしたくない。。
れのさんを選んだ今回は絶対に。。


そんなことがあったのはつい1週間前。

久々に会った今日。
夜は一緒に帰った。

眠ろうとしたそのとき。

彼女がはにかみながら不意にささやいた。

大好き。

何かがそうっと心を包み込んだ。

最高のバースデープレゼント。

どんなことがあっても。
いつか別れがくるとしても。
何があっても。

「そのとき」がくる瞬間まで、ずっと包み込んでやろうと思った。
[PR]

by john-leno | 2008-05-09 01:38 | event

記録更新。

不更新記録を。。


すみません。

忙しいのはいいわけにはならん!

毎日何かしら感じているはず。
それをちゃんと言語化することを怠ってる。

反省します。

とか言って次更新するのがいつになるやらw

なんて思われないようにしなきゃ。。

いまごろ仲良し4人は大阪やろか。。

いいなぁ。。
[PR]

by john-leno | 2008-05-03 07:27 | others