Here Comes The Sun


barista→baristacaster   ☆転職します☆
by john-leno
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
About Me...
Name
 じょんれの(♂)
Birthday
1984/05/07
Job
Broadcaster
Adress
  Sinagawa区
Hobby
・sport: volleyball
・music: Rock



◇Mail◇
yacchu@rj9.so-net.ne.jp


◇Link◇
Anytime Anywhere
asako's page
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
・・・らしくする
from Anything Story
最後の試合
from Anything Story
冷静と情熱のあいだ
from Herr Kinder Ⅱ
あいのりなぎさが帰国を暴..
from あいのりなぎさが帰国を暴露!
ボジョレー'06
from Herr Kinder
コーヒーハウス スターバ..
from コーヒーハウス
価値
from 経済学事典
リアルに凹んだ
from Herr Kinder
リアルに凹んだ
from Herr Kinder
dupont lamin..
from dupont laminat..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

青森一日目。

e0041708_12381317.jpg

とある道の駅の看板。
e0041708_12381371.jpg

そしてそこからとった風景。
e0041708_12381380.jpg

海水プールに行った後にしじみラーメンを食べ、その後に近くの橋の下へ。
そこにはこんな素敵な日本海が。

行き当たりばったりの旅。

でもそこから感じるものは多くて。
感動するものもいっぱいあって。

海を眺めてるだけで、どこか心が洗われた。

夜はお兄さまと二人酒。
姉はキッチンでまな板をトントン。

新しい環境。
でも懐かしい環境。


お兄さんはほんとにいい人。
あったくて、優しい人。

素敵なお兄さんが増えて、ほんとに幸せです。

この人なら大好きな姉を任せられる。
親父の気分になった。

きてよかった。
[PR]

# by john-leno | 2007-08-30 23:59 | のすたるじー

まだ見ぬお兄さま。

e0041708_22573247.jpg


に会いに行ってきますv

行きも帰りも夜行バス!
片道9000円!
9時間!

明日の仕事終わりで22時の品川発のバスに乗って、
明後日の朝7時に弘前に着き、
明々後日の夜22時の弘前発のバスに乗って、
土曜日の朝7時に品川に。
そしてお台場へ。

できる!
きっとできる!

こちらのお姉さまも、するしゃともっちーに相当に会いたがってたが、
今回はさすがに無理だよなw


今週はこっちで高校のバレー部行ったり、
スタバの後輩とかと遊びに行ったり、
鵠沼のカリナに会いに行くのもいいかな~なんて思ってたけど、
よぉぉぉく考えたら、こっちの方がずっと大事だよね。

家族だもん。

来週以降にその予定を入れるとして、19年ぶりの青森を満喫してきます☆
明日の今頃はもう爆睡だなzzz
[PR]

# by john-leno | 2007-08-28 22:57 | event

休みや休み!!

e0041708_2382779.jpg

ビリーやって。

e0041708_2382776.jpg

あれが安達太良山。
あの光るのが阿武隈川。

e0041708_2382748.jpg

花火して。

夜のあぜ道を歩いて。
プラモデル断念して。

餃子作って。
お墓参りして。

神棚を拝んで。
おばあさまに名前を覚えてもらって。

親父を攻略して。

最後はサプライズが待ってて。
そして玄関でまさかの土下座。

濃い。
あまりにも濃ゆい3日。

感謝感謝。
ほんとに感謝。

こんなにたくさんの人がいるから俺は今ここにいて、
こうやって実家まで来てくれる仲間がいるから頑張れて、
実家に帰るとこんなに温かいからこっちに戻ることをいつも躊躇う。

仕事は辛いもの。
楽してお金なんてもらう気はまったくない。
自分を成長させるフィールドだと信じてたこの世界は、
まだまだ自分の物差しでは計りきれないものかもしれないけど、
どこか違う気もする。

どんなにお金があってもシアワセにはなれない。
たとえ周りからどんなにチヤホヤされても全く気持ちよくない。

家を出るときのおばあさまの眼差しが、
力強い握手が、
これで最後かもしれないって思う気持ちが、
全てを飛び越えて俺の中の優先順位を変えて、ダントツトップに躍り出る。

それでもおばあちゃんは毎日拝んでくれている。
俺がこっちで頑張るように。
病気や怪我しないように。
一生懸命頑張るように。

俺はやるしかない。
そんな想いに応えるために。

恵まれた環境を与えてくれた全ての人のために。



最初から答えは出てたんだよね。
[PR]

# by john-leno | 2007-08-24 23:08 | のすたるじー

い~けないんだ、いけないんだ。

泊まり勤務中に日記書いちゃった。
だって、あまりにも長いんですもん。

入社から早5ヶ月が経とうとしてるけど、
会社から更新するのは初だったり。

明日、てか今日の午後に実家帰ります。
今のところするしゃが着いてくるとか来ないとか。

入社後2日以上実家にいたことないから、
今回はちょっとゆっくりできるかな。

そや、今回はばあちゃんにお願いがあるんだ。
毎日書いてる絵日記を、デジカメで撮ってネットにUPしてもらいたい。
そうすりゃ毎日ばあちゃんの絵が見れるし、コメントも残せる。
それが少しでも生きがいになってくれたら。

というか、それ以上に俺の力になること間違いなし。

さて、5時までにニュース作っちまうぞv
[PR]

# by john-leno | 2007-08-21 04:26 | diary

トップ項目は信頼の証

前半は全国ネット。
中盤以降は地方版になる。

そのドあたまに来るのはでっかいニュース。
もしくは直前に発生したニュース。

OA開始は11:30。
今日はニュースの項目ついてないや~。
なんて思ってたら11:20。

原稿と空撮で50秒!
頼む。

10分間で映像繋いで、原稿からテロップ書いて。。。
そりゃもう走りまくりです。

画面上にでるテロップは全部手書きで書いたものを、
テロップ打ち込み係の人が取り込んで、
それをサブスタジオで書いた本人が送り出しする。

アナウンサーが読んでる原稿と映像に合わせて、
「スーパーッ!!」
っていうとテロップが出る。

整然とニュースが流れている裏で、
そのテロップを走り書きして、
テロップ打ち込み屋さんの元へ超ダッシュする人がいるんです。

毎日ねw

そりゃ、太らんわ。

明日はハニカミ王子会ってきます。
昼刊映るかな~。
[PR]

# by john-leno | 2007-08-16 23:11 | diary

気が付くと。。

一日が終わり。

気が付くと、
8月も折り返し。

そしてもう、去年の8・8の日から1年以上経ってるんだね。

最近特に時が経つのが早い。
あっという間に過ぎていく。

気を抜いたら何もしないままに1年が終わってしまう。

為すがままに過ごしても、きっと仕事は何とかなるけど、
+αで何ができるか考えなきゃ。

まずは、たくさん情報を集める。
そしてたくさん外に出る。

仕事のスキルだけじゃ物足りない。
忙しいけど、それは言い訳。

計画練って有意義なときを過ごそう。
とりあえず、ここ2週間はとことん仕事して、
夏休みはとことんリフレッシュ!

なv
[PR]

# by john-leno | 2007-08-11 22:19 | diary

うち来いって~。

8月末に帰ります。
おそらく泊まり勤務明け、2泊3日で。

去年まで部活で忙しかったからね。
今年からは時間があるやろ。
ってことで、するしゃ&もちこよ。

時間があれば是非我が家においでませ!
万が一時間が合えばGさんこうすけもおいでませ!!

お母さんはもう空いてる部屋を掃除して準備万端のようです。
詳しくはまた連絡して。

電話したら、
うちのばあちゃんが放送見たって喜んでた。

それだけでも、今の仕事をしてる意義を感じた。
少しはばあちゃんの力になれたからな。
[PR]

# by john-leno | 2007-08-07 22:58 | のすたるじー

とうとう。

ぜんこっく。

夕方ニュースのトップでした。
見てくれた人いるかな。

毎週遊びに行く鵠沼海岸。

昼前に情報が入ってきて、
毎週行ってます!なんて言ったばっかりに、
即決。

いつも短パンサンダルの鵠沼海岸にスーツで。
あぁ。
こんなことになるとは。

それでも、やっぱり現場の風はとても心地よくて、
すっごく充実した時間を過ごせた。

つぎはもっといいレポを。
[PR]

# by john-leno | 2007-08-04 23:53 | diary

なんだろまなんだろま。

おかあさん、れのですよ~。
手紙届いたって。

電話口から聞こえる声。
いつものお茶の間、机伝いに電話のほうへ
ゆっくりゆっくりやってくるおばあちゃん。

なんだろま。
元気付けるつもりが、元気をもらってる。

あ、もしもし?
いつものと同じ口調。

れの、元気だったかい?
いつも身体を気づかってくれる。

毎日れのが頑張るように拝んでいるんだからね。
心揺れるほどにあったかい言葉。

自然と自分の口調が昔に戻り、
声が大きくなっているのがわかる。

俺の原点はここだ。
それはこの先ずっとずっと変わらない。
俺のスタート地点。

このぬくもりを忘れたとき、俺は俺で無くなる。
どんなスキルがあっても、
どんな地位や名誉があっても。

なんかそう思った。

好きなんだな。
やっぱり。

家族が。
ばあちゃんが。
[PR]

# by john-leno | 2007-08-02 22:14 | 愛するもの

えてがみ

e0041708_074981.jpg

あったかいね。
あと何枚手紙もらえるかな。

これが3枚目。

実家にも帰らなくちゃ。
帰りたい。

ばあちゃん。

今月中に帰ります。
待っててね。
[PR]

# by john-leno | 2007-08-02 00:07 | 愛するもの

海や!!!

e0041708_044246.jpg
行ってきました。
鵠沼海岸。。

あぁ。
なんてこの風は気持ちいいのだろう。

ビーチバレーも海水浴も相変わらず楽しかった!
けど、今回は初体験が。。

①スカウト
何かモデルしませんか~?みたいな。
悪い気はしないもんですなw
一応記者なので丁重にお断りしておきましたv

②バレーしてくれって頼まれた
最後は二人で、しかも初心者のもやし君とボール触ってたら、
1セットだけでもいいんで!!
って頼まれた。

明らかでかくて、さっき男子用のネットでドカンドカン打ってたろ。
おい。
無理だって。。

試合前に大学聞いたら、中央。
え。
今年春リーグ優勝してたやん!

でもとりあえず開始!
途中から空いてたもう一人がこっち入って、いい勝負にw

久々に萌えた。
じゃなくて燃えた!

やってるうちに身体が戻ってきた。
ダイレクト打てるとは思わんかった。

最後は3人に名刺渡して、またビーチで!
リーグ戦頑張れよ!!
って感じで。

秋リーグはうちの大学+中央を応援しますw

やっぱりバレーボーラーはいいヤツが多いね。
[PR]

# by john-leno | 2007-08-01 23:59 | diary

偶然は重なるもので。

記者デビューは上々の評価でした。
ある意味無難だったけど、失敗はしてないしね。

次はもっともっと色を出していきたいとv

そんな中、明日は選挙態勢で出社が遅いから夜更かしして映画を。。
『Pursuit of Happyness』
別に、スペルミスではありません。

そのスタートに出てくるのが、
ストーリーを進めるきっかけになるのが、
ルービックキューブ!
っていう。

何かすっごい偶然を感じてね。

それだけのことです。

いや、あれはほんとに難しいんだよw
[PR]

# by john-leno | 2007-07-29 03:19 | others

いざゆかん!!

記者として。

複数でとか、島田さん(お昼の女性アナウンサー)と二人とかでは
取材行ったけど、今回は一人。

どういう構成で、
何を撮って、
何を話して、
何をリポートするか。

そして帰ってから全てを編集。

全部、一人。

ネタはルービックキューブ。
えぇ~~。。。

それじゃ俺活きませんって!

それでも何かしら新しい風を送り込めるように頑張ってきます。
暇な人は夕刊で会いましょうv
[PR]

# by john-leno | 2007-07-27 23:32 | お勧めv

我に力を。

週一の休みが与えてくれる。

時間を空けてくれる人がいて、
遊んでくれる人がいて、
考えを共有できる人がいる。

ギャグを言い合える仲間もいる。
意外とこれがでかい。

自分がどっからきたかみたいな、
ちょっとした原点回帰というか、
何と言うか。

それでも、周りはちょっとずつ変化してる。

高校に行けばムー民饅頭がコーチしてて、
鵠沼に行けば、もう海は心地よくて、
スタバ行けば、男の気愛溢れるカオスぷっりを目の当たりに。

時の流れを感じながら。
休みのありがたさを噛み締めながら。

実感させてくれるこの環境に感謝しながら。

俺はムー民饅頭になることを望む。
[PR]

# by john-leno | 2007-07-24 23:46 | diary

カメラを向ける勇気がなくて。

e0041708_2335949.jpg
被災した様子を写メールすることはできなかった。

CX発は出発は22日AM5:00。
柏崎市役所着は同日AM9:00。
帰ってきたのは同日21:00。
編集が終わったのは23日AM11:30。

新潟に入ると自然と雨は止み、
ボランティアの人、亀裂の入った道路、
そしてクレーンで壊されたような住居がはっきりと見えてきた。

被災から1週間。
傷跡はまだ残るものの、
予想していたよりもずっとずっと明るかった。
雰囲気がね。

感じたものはたくさんある。

自然の脅威。
被災者の疲労。
人の強さ。
やさしさ。

柏崎小学校。
そこでは今でも家に帰れない人たちが170人もいた。
どんなに扇風機を回しても、
体育館の蒸し暑さと重い空気を換えることはできない。

一歩外に出れば、ボランティアの小中学生が笑顔で物資を配る。
「自分も辛いけど、もっともっと大変な人はたくさんいる」
「少しでも力になりたい」

彼女たちの心残るのは深い傷だけじゃない。
深い絆も残る。

被災の残す光と陰。

僕の心に残ったもの。
それはもちろん、現場を見て感じた
ヨーロッパに行ったときと同じ衝動のようなもある。

けど、それよりも地震という不可抗力なものに人生の歯車を狂わされたとき、
人がどう変わるか、どうなるのか。
そして彼らを囲む環境はどういう対処をするのか。

人は自然の前に如何に無力で、
人工物は自然の前に如何に脆いか。

そして人の絆はこんなにも強くあたたかく、心を捉えるものか。

体育館の壁にある手紙と千羽鶴は、目に見える人の絆なんだね。
すごく、あったかかった。
[PR]

# by john-leno | 2007-07-23 23:03 | diary

一年前の日記を見て。

まだ部活やってて、
スタバ全盛期で、
研修のドキュメントの打ち合わせしてたみたい。

とても懐かしくもあり、
でも、思い出せる範囲の過去。

日記に残していたからこそ、
こうやって振り返ることができるんだね。

自分が歩んできた道の道標。
ここを辿っていけば、その頃の自分と会える。
そしてそのときの思いや仲間、葛藤とかも思い出せる。

そう思うと、日記書くってとっても素敵なことだよね。

忙しいということを言い訳せずに、
毎日の今を綴っていこう。
[PR]

# by john-leno | 2007-07-20 23:41 | thinking

うしゃぽも羨むBlack Apron Exclusives

e0041708_2315884.jpg
とってもまろやかで、
ほろ苦い。

けど、香りがすっごくいい。
舌触りはココアに似てるかな?
柑橘系でもある?

鈍ったなw

バイト先に行ったら薦められて、
思わず買っちゃった。

戻れるなら、もう一度バリスタやりたいってよく思う。
今やっている仕事は、
ある意味「BtoC」かもしれないけど、実際に人と接することはできない。
そういう意味で、スタバはホントの「BtoC」だったのかもね。

俺はBtoCが好き。

最近つくづく思う。

現状に不満言ってもしゃあないし、
別に不満あるわけでもない。
不満言うつもりもない。

けど、今よりも自分を活かすために、
楽しく仕事をするために、
改善しようって思うことは無駄じゃない。

どうすればもっと身近に人を感じながら仕事ができるか。

まずは考えてみようv
[PR]

# by john-leno | 2007-07-19 23:01 | すたば

どんなに忙しくなっても犠牲にしたくない時間がある。

掛替えのないないもの。

失って気付くものもあるけど、
失わなくたって実感するものもある。

何を話そうと、
何をしようと、
何を食べようと、
どんなにふぁっとだろうと、
関係ない。

たとえソファーで寝ててもねw

癒し。

4年間で築いたものは計り知れないほど大きい。

築いたもの。
気付いたもの。
[PR]

# by john-leno | 2007-07-16 00:00 | 愛するもの

When I Cry......

どんなに怒られても、
俺はきっと泣かない。

どんなにきついことを言われようとも、
俺はきっと泣かない。

けど、自分の不甲斐なさを感じたとき、
そしてその瞬間に優しい言葉をかけられたとき、
俺は涙を止める術を知らない。

自分の不甲斐なさを痛感する昼刊だった。

8割くらいのことはわかったつもりでいた。
けど、8割くらいわからないことがあった。

夏の記念館で3menやってるときと同じくらい汗をかき、
必死に走った。


それでも、あまりにも足りない己の力量。
原稿を書くのも、編集するのも、OAまでのノウハウも全て。

自分を信頼して、担当させてくれたケンさんに心から申し訳ない。
俺のことを信じてくれてたんだ。
その期待に応えられなかった自分が悔しい。
不甲斐ない。

周りは俺をかばう。
その一言一言が嬉しくもあり、辛くもあった。
慰められればられるほど涙が溢れる。

高2のときの3年生の引退試合のときと全く同じだった。
俺のせいで負けた最後の試合。
人生であれほど人前で泣いたことはない。

でも、悪いことばっかじゃない。

涙のあとにあるのは成長。
俺はいつもそう。

涙を流すほど悔しい気持ち。
涙を流させるほど温かい仲間。

涙を流した後に残るのはいいものばかり。

俺が泣くことは喜ばしいことなんかな。
と、こじつけてみる。

そりゃ自分の出来栄えに凹んだし、
周りにものすごく申し訳なかったけど、
いつまでも引きずってられん。

ってか、10分あれば凹むの充分だしね。

今ならさっきの何倍もいい動きをして、
何倍もいい映像を作る自信がある。

その自信をくれたのも涙。

力のミナモトなのかな。
[PR]

# by john-leno | 2007-07-12 18:09 | about myself

心のカギを開くカギ

上っ面な話をしてるときは、話中の電話をしてるよう。
腹を割った話をしてるときは、映画のクライマックスを観てるよう。

初対面ですぐに深い話をするわけない。
してもらえるわけない。

けど、心を開いてくれることはある。

第一印象と開始5秒のトーク。

それは誰と話すときも、
どんなシチュエーションでも一緒。

それを磨くのは実践アルのみ。

たくさん話すしかない。
そして、自分の心を開かなきゃね。


久しぶりに藤家行ってきた。
何も変わらない、あったかいご飯。

ご馳走様。
もっちーのこと話してたよ。

やっぱりみんなの藤「家」なんだね。

また、帰ろっと。
[PR]

# by john-leno | 2007-07-11 00:05 | thinking